• トップページ
  • プロフィール
  • 手術症例
  • 専門分野
  • 頭蓋底腫瘍
  • 髄膜腫
  • 間脳・下垂体腫瘍
  • 聴神経腫瘍
  • 顔面麻痺 三叉神経痛 舌咽神経痛
  • 浜松医科大学附属病院脳神経外科
  • 子安脳神経科 クリニック
  • 府中恵仁会病院
  • 森の木脳神経脊髄外科
  • 診察をご希望の患者様へ
  • 日誌

トピックス

最近の主な手術症例(執刀症例)2019.04.22

聴神経鞘腫   術前MRI     術後MRI 顔面神経が背側を走行するタイプ(摘出が困難) 顔面神経麻痺無し。聴力改善した。     聴神 ...詳しくはこちら>>

Best Doctors 2018-20192018.06.05

今年も選出していただきました。
感謝申し上げます。 
 

BS朝日 第1弾:8月20日夜9時放送(12月3日再放送) 第2弾:12月4日夜7時放送2017.11.23

専門分野

頭蓋底腫瘍

頭蓋底腫瘍とは、頭蓋骨の底部、つまり大脳の底部や脳幹周囲に発生する腫瘍の総称です。代表的なものとして、髄膜腫、神経鞘腫、グロームス腫瘍、下垂体腫瘍、類上皮腫、上皮腫、脊索腫や軟骨肉腫、軟骨腫などの骨性腫瘍、転移性腫瘍などが挙げられます。
詳しくはこちら≫

髄膜腫

髄膜腫とは、脳を包む髄膜(クモ膜の表層細胞)から発生する腫瘍で代表的な良性腫瘍の一つです。脳腫瘍全国統計では原発性脳腫瘍の30%近くも占め、そのほとんどは成人に発生します。
詳しくはこちら≫

間脳・下垂体腫瘍

間脳とは左右の大脳半球に囲まれ、大脳半球と脳幹部を中継する重要な脳の一部です。脳下垂体と密接な関係を持ちながら、内分泌システムのセンターとして機能しています。
詳しくはこちら≫

聴神経腫瘍

聴神経腫瘍は、脳膜腫と同様、我々脳神経外科医が比較的頻繁に見る良性腫瘍の一つで、脳腫瘍の中では4番目に多く、約10%を占めるといわれています。

詳しくはこちら≫

顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛

顔面痙攣は、どちらか一方の目の周囲がピクピクと勝手に動き出し、
次第に顔全体に広がってくる病気です。

詳しくはこちら≫

ページの先頭に戻る

ブログ

カテゴリ

最新記事一覧

以前の記事