• トップページ
  • プロフィール
  • 手術症例
  • 専門分野
  • 頭蓋底腫瘍
  • 髄膜腫
  • 間脳・下垂体腫瘍
  • 聴神経腫瘍
  • 顔面麻痺 三叉神経痛 舌咽神経痛
  • 浜松医科大学附属病院脳神経外科
  • 子安脳神経科 クリニック
  • 府中恵仁会病院
  • 森の木脳神経脊髄外科
  • 診察をご希望の患者様へ
  • 日誌

手術症例

最近の主な手術症例(執刀症例)

聴神経鞘腫
 
術前MRI
 
 

術後MRI
顔面神経が背側を走行するタイプ(摘出が困難)
顔面神経麻痺無し。聴力改善した。
 
 
聴神経鞘腫 
 
術前MRI
 
 
聴神経鞘腫
 
術前MRI
 
 
海綿状血管腫 
 
術前MRI
 
 
延髄腫瘍
9歳
 
術前MRI
 
 
髄膜腫

術前MRI

 
 
髄膜腫 
 
術前MRI
 
 
類上皮腫 再発

 
 
類上皮腫
 
 
大脳鎌髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
小脳橋角部腫瘍 類上皮腫 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
小脳腫瘍
沖縄から紹介された7歳男児 
 
 

 
中頭蓋窩髄膜腫
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
再発聴神経鞘腫
術前MRI
 
 
術後MRI
 

 
鞍上部腫瘍 頭蓋咽頭腫 
 
 
聴神経鞘腫
 
 
第四脳室内腫瘍 

 
 
中大脳動脈未破裂脳動脈瘤
 
 
 
再発髄膜腫 
九州の大学病院で複数回の手術を受けた患者さん 
 
 
 
小脳腫瘍
40代男性
ふらつき、嘔吐で発症 
 
 
 
下垂体腫瘍
 
 
頭蓋咽頭腫
 
 
下垂体腫瘍 
モンゴルから来た患者さん
術前MRI
 
 
術後MRI

 
 
トルコ鞍~斜台部腫瘍

  
 
下垂体腫瘍
 
 
下垂体腫瘍 
 
 
再発髄膜腫
他院で二回手術が施行されている50代男性。
視力視野障害が進行してきた。 
 
 
脳底動脈血栓化巨大脳動脈瘤
 
 
髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫
 
 
脳腫瘍 
 
 
髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
下垂体腺腫
 
 
髄芽腫
成人症例
 
 
聴神経鞘腫
 
 
聴神経鞘腫
 
 
下垂体腺腫
 
 
三叉神経鞘腫
側頭開頭にて全摘術
 
 
IC-PC未破裂脳動脈瘤
Fetal typeのPcomが動脈瘤のドームから出ており、血管内手術が困難と判断されて紹介。
直達クリッピング術を行った。
 
 
髄膜腫 
 
 
髄膜腫
Retrosigmoid approachにて全摘 
術前MRI
 
 
Dural AVF
クリッピング
 
 
脊索腫 
 
 
三叉神経痛
 
 
髄膜腫
他院で複数回手術が施行されている症例
 
 
聴神経鞘腫
 
 
下垂体腺腫 
 
 
聴神経鞘腫
 
 
血管芽腫
関東の大学病院より紹介。 
全摘術施行(術後無症状)。
 
 
 
Dural AVF 
 
 
 
脳腫瘍 
 
 
 
脳室内髄膜腫
40代女性
頭痛で発症した左側脳室内髄膜腫。
腫瘍全摘し、術後無症状。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
 
 
聴神経鞘腫
 
 
硬膜動静脈瘻
術前
 
 
術後
 
 
聴神経鞘腫 
 
 
小脳橋角部髄膜腫 
 
 
脳腫瘍 
関東の大学病院で画像フォローされていましたが、急速に増大してきたため紹介となった60代男性。 
 
 
 
聴神経鞘腫
 
 
髄膜腫 
 
 
髄膜腫
視力視野障害、複視、難聴で発症した60代男性。 
 
 
 
髄膜腫
 
 
 
聴神経鞘腫 
 
 
 
聴神経鞘腫 
 
 
 
三叉神経鞘腫 
 
 
 
下垂体腺腫 
 
 
 
小脳血管芽腫  
 
 
 
小脳橋角部髄膜腫
Retrosigmoid approachにて全摘。
術後無症状。 
 
術前MRI 
 
 
術後MRI
 
 
脳室内腫瘍 
 
 
 
脳腫瘍 
 
 
 
エナメル上皮腫 
Combined petrosal approach
 
 
 
未破裂脳動脈瘤 
 
 
 
再発髄膜腫
他大学病院で二回手術したが摘出できず、さらに視力障害が進行したため、再手術目的で来院。
眼窩内~上眼窩裂の腫瘍を摘出し、術後視力は劇的に改善した(光覚弁→0.8)。 
 
術前MRI
 
 
小脳囊胞 
認知症症状進行にた80代男性。
嚢胞内にオンマヤチューブを留置し、症状は劇的に改善した。 
 
 
 
大孔髄膜腫
歩行障害で発症した70代女性。 
術後一過性に嗄声が出現したが、一週間程度で改善した。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
小脳橋角部髄膜腫
聴力障害で発症した小脳橋角部髄膜腫
Retrosigmoid approachにて全摘術。 
術後聴力は改善した。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
術前オージオグラム
 
 
術後(1週間)オージオグラム
 
 
蝶形骨縁髄膜腫 
前頭側頭開頭にて全摘術。 
 
術前
 
 
術後
 
 
錐体骨 Dermoid cyst
顔面痛にて発症したDermoid cyst
中頭蓋窩アプローチにて全摘術施行。 
 
 
 
脳幹海綿状血管腫 
複視、歩行障害にて発症した脳幹海綿状血管腫。
Supracerebellar approachにて摘出術施行。
 
 
小脳海綿状血管腫
出血発症の20台男性。
Retrosigmoid approachにて全摘術。
 
 
顔面神経鞘腫
Transmastoid approachにて全摘術&顔面形成術。
 
 
髄膜腫
視力視野障害、眼瞼下垂で発症した髄膜腫。
左前頭側開頭にて摘出術施行。
 
 
小脳橋角部髄膜腫
Retrosigmoid approachにて全摘術施行。
 
 
斜台錐体部髄膜腫
Combined transpetrosal approach.
 
 
下垂体腺腫GH
経鼻的腫瘍的手術施行(全摘術)。
 
 
髄膜腫
Retrosigmoid approachにて全摘術施行。
 
 
髄膜腫
Interhemispheric approachにて全摘術施行。
 
 
髄膜腫
全摘術施行。
 
 
聴神経鞘腫
Retrosigmoid approach.
 
 
聴神経鞘腫
術前
 
 
術後
顔面神経麻痺なし。
歩行障害は改善。
 
 
髄膜腫
 
 
下垂体腺腫
 
 
聴神経鞘腫
術前
 
 
術後
 
 
聴神経鞘腫
術前
 
 
術後
 
 
PICA血栓化動脈瘤 
外側延髄症候群にて発症
直達クリッピング術施行
術前 
 
 
外耳道側頭骨腫瘍 
術前
 
 
大孔部髄膜腫
外側後頭下開頭+C1部分切除にて摘出術施行。
術後無症状。

術前
 
 
術後
 
 
蝶形骨縁髄膜腫
右視力障害で発症した70代女性。
右前頭側頭開頭にて全摘術施行。
術後無症状。 
 
 
 
脳幹海綿状血管腫

第四脳室経由で摘出術
 
 
三叉神経鞘腫

術前
 
 
術後
 
 
下垂体腺腫 
頭痛、視力視野障害で発症した40代男性。 
経鼻的手術にて全摘出。
 
 
 
コイル塞栓術後血栓化動脈瘤
くも膜下出血で発症し、二度のコイル塞栓術が施行されたが、動脈瘤は増大し、視力視野障害を来したため、直達クリッピング術を施行した。 
 
 
 
聴神経鞘腫 
聴力障害と顔面痛にて発症した40代女性。
Retrosigmoid approachにて摘出。
術後顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
下垂体腺腫・クッシング
経鼻的アプローチにて全摘術施行。
 
 
聴神経鞘腫 
聴力障害で発症した50代女性。
術後聴力温存(携帯電話OK)および顔面神経機能正常。 
術前
 
 
術後
 
 
未破裂脳動脈瘤
コイル塞栓術を断念された40代男性。
右前頭側頭開頭にて直達クリッピング術施行。 
 
 
 
頭蓋底腫瘍 
左難聴で発症した70代男性。
Transmastoid approachにて全摘術施行。
術前 
 
 
 
術後
 
 
聴神経鞘腫
右聴力障害と顔面知覚障害にて発症した60代男性。
Retrosigmoid approachにて摘出。 
 
 
 
下垂体腺腫
視力視野障害で発症した60代男性。 
 
 
 
髄膜腫 
Retrosigmoid approachにて全摘術施行。
術後、神経症状無し。 
 
 
 
三叉神経鞘腫 
 
 
髄膜腫
 
 
髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫 
 
 
 
下垂体腺腫 
視力視野障害で発症した60代男性。
経鼻的腫瘍摘出術施行。 
 
 
 
類上皮腫
三叉神経痛で発症した50代女性。
Retrosigmoid approachにて全摘術施行。
術直後より痛み消失し、内服薬不要となった。
 
 
 
小脳血管芽腫
10代女性。
両側後頭下開頭にて全摘術。 
 
 
 
髄膜腫 
60代女性。
徐々に視力が悪化し、右はほぼ失明状態、左側は指数弁にて紹介。 
右前頭側頭開頭にて全摘術施行。 
 
 
 
下垂体腺腫
40代男性。 
前医で手術を受けたが、すぐに再発した再手術を行った。 
 
 
 
髄膜腫
50代女性。 
全摘術施行。
 
 
 
髄膜腫
60代男性。
前医で摘出術およびガンマナイフ施行されるも、増大してきたため、再手術施行。 
 
 
 
髄膜腫 
30代女性。
右前頭側側頭開頭にて全摘出。 
 
 
 
髄膜腫 

髄膜腫
 
 
髄膜腫
 
 
脳幹海綿状血管腫
 
 
髄膜腫
 
 
脳幹海綿状血管腫 
 
 
 
Epidermoid 
三叉神経痛で発症した40代女性。  
 
 
 
下垂体腺腫 (GH産生腫瘍)
 
 
未破裂脳動脈瘤
開頭クリッピング術。 
 
 
 
髄膜腫 
60代男性。
他院での再発例。
 
 
 
髄膜腫 
 
 
 
髄膜腫 
50代女性。 
 
 
 
髄膜腫 
視力視野で発症した60代女性。 
 
 
 
海綿状血管腫 
痙攣発作で発症した20代女性。 
前頭側頭開頭にて全摘出。 
術後、失語症無し。
 
 
 
下垂体腺腫 
視力視野障害で発症した20代女性。 
GH産生腫瘍。
 
 

 
髄膜腫 
60代男性。 
右前頭側頭開頭にて全摘出。
 
 
 
聴神経鞘腫  
 
50代女性。
Retrosigmoid approachにて摘出。
術後聴力温存。
顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
松果体腫瘍 
OTAにて摘出術。 
 
 
 
斜台錐体部髄膜腫
Combined petosal approachにて摘出。 

 
 
斜台錐体部髄膜腫
Anterior petrosal approachにて摘出。 
 
 
 
聴神経鞘腫 再発 
30代女性
他県で手術を受けたが、すぐに再発したため当院にて再手術。 
 
 
 
嗅窩部髄膜腫  

嗅覚障害で発症した50代女性。
両側前頭開頭にて全摘出術施行。 
 
 

 
髄膜腫 
 
 
 
髄膜腫 
 
 
 
髄芽腫 
 
 
 
聴神経鞘腫 
聴力障害で発症した20代の女性。 
 
 
 
頭蓋底腫瘍 
病理組織診断は真珠腫。 
Mastoidectomy及び中頭蓋窩アプローチで全摘術。

 
 
聴神経腫瘍
 
 
頭蓋底腫瘍
 
 
聴神経腫瘍
 
 
聴神経腫瘍
 
 
髄膜腫
 
 
頭蓋底腫瘍
 
 
髄膜腫
 
 
小脳血管芽腫
 
 
脳室内腫瘍
Ependymoma
Tanscallosal approachにて全摘術。
 
 
脊髄腫瘍
C5/6 VHL
 
 
斜台錐体部髄膜腫 
Anterior petrosal approach
術前MRI
  

術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
聴力障害にて発症した30代女性。
術後顔面神経麻痺なし。
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
類上皮腫 
後頭下開頭にて全摘出。
術後無症状にて自宅退院。
 
 
 
小脳血管芽腫 
 
他院で複数回手術を受けている40代男性。 
術後無症状にて自宅退院。
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫

聴力障害で発症した50代男性。
Retrosigmoid approachにて摘出術。
術後、顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
 

 
髄膜腫 
右視力視野障害で発症した30代女性。
術後視力視野障害は改善。
鞍結節部髄膜腫
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫 
右聴力障害で発症した30代女性。 
 
 
 
髄膜腫 
痙攣発作で発症した40代男性。
左Parasagittal meningioma
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
左聴力障害で発症した60代男性。 
 
 
 
下垂体腺腫 
視力視野障害、全身倦怠感で発症した下垂体腺腫。 
 

 

聴神経鞘腫 
難聴にて発症した60代女性。 
 
 
 
小脳橋角部髄膜腫 
Incidentalに発見された小脳橋角部髄膜腫。
無症状で自宅退院。
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
くも膜下出血

突然の頭痛、意識障害にて発症した40代の女性。
右後下小脳動脈の破裂脳動脈瘤に対して、後頭下開頭にてクリッピング術施行。 
無症状で自宅退院。
 
 
 
巨大下垂体腺腫

行動異常で発症した水頭症を伴った巨大な下垂体腺腫。
経頭蓋および経鼻的に摘出予定。 
 
術前MRI
 

 
斜台錐体部髄膜腫 
 
左側聴力障害とふらつきで発症した60代男性。
Combined petrosal approachにて摘出予定。 
 
 
 
小脳血管芽腫  
 
他院ですでに数回手術を受けた40代の小脳血管芽腫の男性。
延髄背側の腫瘍を全摘出した。 
 
術前MRI
 
 
聴神経鞘腫 
 
術前MRI
 
 
三叉神経鞘腫  
 
術前MRI
 
 
術後MRI(外側の白い部分は充填した脂肪組織)
 
 
聴神経鞘腫 
 
60代女性。
Retrosigmoid approachにて摘出術施行。
癒着の強かった部分は被膜下摘出。

術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫 
 
名古屋の病院での出張手術。
テント上下に進展する再々発の髄膜腫。
全摘術施行。
 
 
 
聴神経鞘腫 
 
右難聴とふらつきで発症した60代男性。 
 
術前MRI 
 
 
術後MRI
 
 
小脳血管芽腫  
 
後頭下開頭にて全摘出。
術後無症状にて自宅退院。
 
 
 
Dural AVF 
 
血管内手術で可及的に流入動脈を閉塞し、横静脈洞から脳表静脈への流出部はDirect clippingを行った。術後、拡張した静脈は消失。
症状消失し、自宅退院。
 
 
 
Ependymoma 
 
5歳女児。
他院で二回手術したが、ほとんど摘出できず、抗がん剤治療も無効であったため、当院で手術施行。
肉眼的全摘術を行い、術後は無症状で自宅退院。 
 
術前MRI
 

術後MRI
 
 
Rathke囊胞 
 
経鼻的手術。 
 
 
 
髄膜腫 
愛知県の大学病院よりご紹介。 
右前頭開頭にて全摘術施行。 
 
 
 
転移性小脳腫瘍
NTT関東病院内科より紹介。 
後頭下開頭にて全摘出。
 
 
 
外傷性CCF&動脈瘤
血管内手術でCCFを治療後、開頭にてIC動脈瘤のクリッピングとIC (C2) trapping術施行。 
 
 
 
聴神経腫瘍 
 
術前MRI
 
 
頭蓋底腫瘍 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
 
術前MRI
 
 
下垂体卒中 
 
突然の頭痛と視力視野障害で発症した40代男性。 
緊急手術施行し、速やかに視力は回復。
 
 
 
小脳橋角部髄膜腫 
 
60代女性
Retrosigmoid approachにて全摘術。
術後、無症状。
 
 
 
 
 
聴神経鞘腫 
 
70代女性。
聴力温存&顔面神経麻痺なし。 
 
 
 
滑車神経鞘腫 
 
複視で発症した50代女性 
Retrosigmoid approach
 
 
 
C1 神経鞘腫 
 
30代男性 

外側後頭下アプローチにて腫瘍全摘術 

 
 
視神経管髄膜腫 
 
視力視野障害で発症した60代女性。
左前頭側頭開頭にて、前床突起削除、視神経管開放にて腫瘍全摘。
術後、視力視野障害は改善。 
 
術前MRI
 
 
聴神経鞘腫  
 
Retrosigmoid approachにて摘出術。
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI
 
 
小脳橋角部髄膜腫 
歩行失調にて発症した60代女性。
Retrosigmoid approachにて摘出術施行。
術後、歩行失調は改善し、自宅退院。
 
術前MRI

 
術後MRI
 
 
髄膜腫 
歩行障害、難聴で発症した後頭蓋窩髄膜腫。
Retrosigmoid approachにて摘出術施行。
術後、歩行障害は改善し、自宅退院された。 
 
術前MRI
 
 
プロラクチノーマ 
 
術前MRI
 
 
下垂体腺腫 
 
視力視野障害で発症した非機能性下垂体腺腫 
 
術前MRI
 
 
小児脳腫瘍 
 
術前MRI
 
 
小脳血管芽腫 
 
術前MRI
 
 
頭蓋底腫瘍 
難聴、嚥下障害、嗄声、舌下神経麻痺で発症。 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
歩行障害にて発症した小脳橋角部髄膜腫 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
顔面痙攣で発症した髄膜腫
Retrosigmoid approach
 
術前MRI
 
 
頭蓋咽頭腫 
 
術前MRI
 
 
聴神経腫瘍 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
視野障害で発症した髄膜腫。
全摘術施行。
 
術前MRI
 
 
末端肥大症
経鼻的手術にて全摘術。
GH値は速やかに正常化。 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
全摘術施行。
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
全摘術施行。
 
術前MRI
 
 
脳腫瘍
 
 
髄膜腫
脳ドックで発見された髄膜腫 
右前頭開頭にて全摘出。術後無症状。
 
術前
 
 
術後MRI
 
 
頭蓋咽頭腫 再発
他医にて二回手術施行されたが、残存腫瘍が増大してきたため、紹介。
右前頭側頭開頭にて全摘出。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
顔面痙攣
 
 
顔面痙攣
 
 
下垂体腺腫(卒中)
 
 
髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫
Retrosigmoid approach 
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
全摘出施行。
術後症状無し。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
Retorosigmoid approach 
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
Retrosigmoid approach
術後顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
 
 
髄膜腫 
 
 
 
動静脈奇形
全摘出術施行。 
 
 
 
聴神経鞘腫
繰り返す難聴で発症。
Retrosigmoid approachにて全摘出施行。
術後聴力温存。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
海綿静脈洞髄膜腫
 
 
聴神経鞘腫
Retrosigmoid approach
 
 
顔面けいれん
Microvascular decompression
 
 
三叉神経痛 
Microvascular decompression
 
 
再発頭蓋咽頭腫
他院で二回手術されて再発した頭蓋咽頭腫。
前頭側頭開頭にて全摘出術施行。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫 
 
術前MRI
 
 
未破裂脳動脈瘤 
直達クリッピング術
 
術前CTA
 
 
斜台錐体部骨腫瘍 
外転神経麻痺で発症した30代女性。
Anterior transpetrosal approachにて摘出術。
 
術前MRI
 
 
聴神経鞘腫
Retrosigmoid approach
 
術前MRI
 
 
髄膜腫
視野障害で発症した髄膜腫。
Interhemi approachにて全摘術施行。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
ラトケ囊胞
経鼻的手術。 
 
術前MRI
 
 
下垂体腺腫
末端肥大症
経鼻的下垂体腫瘍摘出術施行(全摘術) 
 
術前MRI
 
 
髄膜腫
右前頭側頭開頭にて摘出術施行。 
術後、視力視野障害は改善。
 
術前MRI
 
 
斜台錐体骨腫瘍 Chondorosarcoma
Extradural subtemporal Approachにて摘出術施行。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
大脳鎌髄膜腫 
 
通常の半球間裂アプローチにて全摘術施行。 
 
 
 
未破裂脳動脈瘤 
左前頭側頭開頭にてクリッピング術施行。
前床突起削除および視神経管開放にて直達手術。 
 
 
 
頭蓋咽頭腫
頭痛、傾眠傾向、尿崩症で発症した30代男性。
一回目は脳室(モンロー孔)経由で中脳水道、脳幹前面部を摘出。
二回目は右前頭側頭開頭にて、残存腫瘍を摘出。 
 
 
 
未破裂脳動脈瘤
左視力障害で発症したIC-Oph 未破裂脳動脈瘤
開頭クリッピング術 
前床突起および視神経管開放し、動脈瘤頚部を露出後、直達クリッピング施行。
術後、速やかに視力視野障害は改善。 
 
 
 
下垂体腺腫
末端肥大症 
経鼻的下垂体腫瘍摘出術(全摘術)
 
 
 
脳腫瘍 Cavernoma
出張手術
視床部のCavernoma
脳室経由にて全摘術施行(術後無症状)
術前MRI
 
 
再発髄膜腫
出張手術
Anterior transpetrosal approach
術前MRI
 
 
再発髄膜腫
他院で一度手術施行された髄膜腫の再発
出張手術
Infratentorial and transtentorial approach
術前MRI
 
 
Epidermoid
聴力障害、顔面神経麻痺、顔面知覚障害にて発症した40代男性。 
Retrosigmoid approach
 
術前MRI
 
 
脳動脈瘤
多発嚢胞腎のスクリーニング検査で見つかった右内頸動脈眼動脈分岐部脳動脈瘤の30代男性
開頭クリッピング術施行 
 
 
 
脳動脈瘤
脳ドックで見つかったDistal ACAの未破裂脳動脈瘤の50代女性
開頭クリッピング術施行 
 
 
 
聴神経鞘腫
聴力障害で発症した40代男性。
神奈川県内の病院で手術。 
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI
 
 
術後MRI 
 
 
聴神経鞘腫
聴力障害にて発症した50代男性。
Retrosigmoid approachにて摘出。
術後顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI 
 
 
術後MRI
 
 
椎骨後下小脳動脈分岐部動脈瘤
くも膜下出血で発症し、コイル塞栓術を施行したが、3ヶ月後に動脈瘤頚部が再び出現。
Transcondylar fossa approachにて開頭クリッピング術を行った。 
無症状で自宅退院。
 
 
左からコイル塞栓術後、コイル塞栓術後、3ヶ月後のフォローアップ血管造影検査 
 
髄膜腫
視力視野障害で発症した60代男性、鞍結節部髄膜腫。 
前頭開頭にて全摘出術施行。
術後視力視野障害改善。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
下垂体腺腫
視力視野障害で発症した40代男性。
経鼻的下垂体腫瘍摘出術。 
 
術前MRI
 
 
血栓化椎骨動脈瘤
頚部の違和感を主訴に発見された椎骨動脈瘤。頭部MRIにて右海綿静脈洞にも動脈瘤を指摘。
静岡市より紹介された50代女性。
今回はRetrosigmoid transcondylar fossa approachにて椎骨動脈瘤の摘出を行った。
 
 
 
聴神経鞘腫
難聴、ふらつきで発症した40代女性。 
Retrosigmoid approachにて摘出術施行。
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI
 
 
術後MRI

 
聴神経鞘腫
前医で摘出できず、紹介された患者。
Retrosigmoid approach 
術後顔面麻痺なし。
聴力は術前とほぼ同程度で温存。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
頭蓋咽頭腫
月経不順、視力視野障害で発症した40代女性。
Interhemispheric approach
 
 
頸静脈孔腫瘍
顔面けいれんで発症した横浜市在住の30代女性。
Retrosigmoid, Transjugular approachにて部分摘出し、
同時に神経血管減圧術を行った。
顔面けいれんは消失し、その他合併症無く退院。
 
 
髄膜腫
視力視野障害で発症した40代女性。
Frontotemporal approachにて全摘出。
術後視力視野は速やかに改善。
 
 
髄膜腫
頭痛を主訴に発見された脳室内髄膜腫。40代女性。
左頭頂葉経由2cmの皮質切開を加えて全摘出施行。
術後、合併症状なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
めまい、嚥下障害、嘔気で他科入院中だった70代女性。
東京の病院での出張手術。
Retrosigmoid approachにて亜全摘。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
顔面変形、眼球突出を主訴に紹介された60代男性。
前頭側頭開頭にて全摘術施行。
術後速やかに視力視野障害改善。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
右海綿静脈洞症候群で発症。
名古屋での症例。
Extradural approachにて全摘術施行。 
 
術前MRI
 
 
術後CT
 
 
髄膜腫
頭痛と視野障害で発症した70代男性。
脳室経由で全摘術施行。
術後視野障害が悪化したが、軽快してきている。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
70代男性。
Transcondylar fossa approach + C1 hemilaminectomyにて全摘出施行。
術後無症状にて退院。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
視野障害で発症した50代男性。
全摘出施行。 
 
術前MRI 
 
 
聴神経鞘腫
沼津市立病院での手術症例。 
Retrosigmoid appraoch
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫および神経鞘腫
右外転神経麻痺で発症した40代女性。
左眼科先端部の腫瘍(おそらく神経鞘腫)は無症状であるため、今回は髄膜腫に対して
Retrosigmoid approach で摘出を行った。
腫瘍は外転神経からDorello’s canalを巻き込んでいた。
 
術前MRI
 
 
神経鞘腫疑い 
50代男性。 
 
 
 
三叉神経鞘腫
60代男性。 
 
 
 
鞍上部腫瘍
頭痛、視野障害で発症した50代女性。
Transnasal + Interhemispheric approach にて摘出術施行。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
頭蓋咽頭腫
Interhemispheric approach にて全摘術施行。
 
 
 
聴神経腫瘍
40代男性。
愛知県内の病院での出張手術。
Retrosigmoid approach 
術後顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経腫瘍
70代女性。
聴力障害を主訴に耳鼻咽喉科で発見された聴神経鞘腫。
Retrosigmoid approach にて全摘出。
術後、顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
髄膜腫
50代女性。
Retrosigmoid approachにて全摘出。 
 
 
 
三叉神経鞘腫
顔面の知覚異常と外転神経麻痺で発症した60代男性。
海綿静脈洞内に浸潤した部分を除いて摘出。
術後、軽度の左顔面神経麻痺が出現したが、次第に消失した。顔面知覚障害は残存。 
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
脳腫瘍
頭痛と軽度の意識障害で発症した20代女性。 
視床下部に癒着した部分を除いて摘出。
水頭症は改善。
 
術前MRI 
 

 
斜台錐体部髄膜腫 
 
術前MRI 
   

 
再発頚静脈孔神経鞘腫 
宮城県内の病院にて出張手術。
顔面神経に癒着した部分を除いて摘出。
術後新たな合併症無く、自宅退院。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
聴神経鞘腫
数年来の難聴で発症した60代男性。
Retrosigmoid approach 
術後顔面神経麻痺なし。
聴力は術前と同レベル。
 
術前MRI
 
 
術後MRI
 
 
三叉神経鞘腫 
顔面の感覚異常で発症した40代女性。
東京都内の病院にて出張手術。
Retrosigmoid approachにて全摘出。
術後、軽度の顔面知覚障害のみ。
 
術前MRI
 
 
髄膜腫 
嘔気、脱水症状、歩行障害、誤嚥性肺炎(いわゆる寝たきり状態)にて発症した70代男性。
今回は右側のみ全摘出施行。
術後、嚥下障害は改善し、独歩可能になった。
 
術前MRI 
 
 
 
髄膜腫 
聴力障害で発症した40代女性。
左斜台錐体部髄膜腫。
Anterior transpetrosal approach + Retrosigmoid approachにて摘出術施行。
下位脳神経および外転神経は腫瘍内部を走行しており、その部分は残存。
術後合併症無し。
 
術前MRI 
 
 
 
脳腫瘍
視力視野障害で発症した13才男児。 
Right pterional approach
 
術前MRI 
 
 
 
聴神経鞘腫 
Retrosigmoid approach にて摘出術施行。
術後顔面神経麻痺なし。
 
術前MRI 
 
 
 
類表皮嚢胞、類上皮腫、Epidermoid (再発)  
前医で二回手術を受けたが、すぐに再発したため紹介された70代女性。 
Retrosigmoid approach にて全摘出術施行。
 
術前MRI 
 
  
 
 
類上皮腫 
70代男性。
神奈川県内の病院にて出張手術。
Retrosigmoid approach にて全摘出術施行。
術後合併症無し。
 
術前MRI 
 
 
 
類上皮腫
顔面痙攣で発症した65才女性。 
Retrosigmoid approach にて全摘出。
術後顔面痙攣は消失。その他、合併症無し。
 
術前MRI 
 
 
 
脳幹海綿状血管腫
50代女性。
Anterior transpetrosal approach 
 
術前MRI 
 
 
 
髄膜腫 
60代女性。
愛知県内の大学病院にて出張手術。
左前頭側頭アプローチにて全摘出。
 
術前MRI 
 
 
 
聴神経腫瘍
右の顔面の違和感で発症した40代の男性。
Retrosigmoid approach 
術後、顔面神経麻痺無し。聴力は術前Class B⇒術後Class B
翌日から、食事、歩行。
 
術前MRI  
 
 
 
術後MRI 
 
 
 
聴神経腫瘍
ふらつきで発症した70代女性。
Retrosigmoid approach にて摘出術を行った。
大部分は嚢胞であったが、内耳道内も含めて可及的に充実性部分を摘出したが、脳幹との癒着が強い部分は画像のごとく残存させた。
術後、顔面麻痺無し。嚥下障害、嗄声無く、術翌々日から食事やトイレ歩行を開始した。 
 
術前MRI 
 
 
 
術後MRI 
 
 
 
類上皮腫
右顔面痛で発症した60代女性。Rathke嚢胞もある。
原因がわからず20年以上、テグレトールなどの内服薬を続けていた。
Retrosigmoid approach にて全摘出。
腫瘍は内耳道内から顔面神経、三叉神経周囲およびMekel’s cave内に存在しており、内視鏡で確認しつつ摘出を行った。
術後痛みは完全に消失し、内服薬は一切不要になった。 
 
術前MRI 
 
 
 
術後MRI 
 
 
 
海綿静脈洞髄膜腫
右目の複視、視力障害(光覚弁)にて来院された60代男性。
神奈川県内の病院より紹介 (出張手術)。 
 
 
 
類上皮腫
名古屋市内の大学病院より紹介された左小脳橋角部に広がる類上皮腫 (出張手術)。
顔面痙攣で発症した70代女性。
Retrosigmoid approachにて全摘出。
術後合併症なく、顔面痙攣も消失し、自宅退院。
 
 
 
聴神経鞘腫 
右耳の難聴を主訴に他院耳鼻咽喉科にて治療を受けていた70代男性。
MRIにて右小脳橋角部腫瘍を発見されて、静岡市内の病院から紹介。
術後顔面神経麻痺なし。 
 
術前MRI 
 
 
術後MRI
 

コメントは受け付けていません。 トラックバック (0)

ページの先頭に戻る

ブログ

カテゴリ

最新記事一覧

以前の記事