• トップページ
  • プロフィール
  • 手術症例
  • 専門分野
  • 頭蓋底腫瘍
  • 髄膜腫
  • 間脳・下垂体腫瘍
  • 聴神経腫瘍
  • 顔面麻痺 三叉神経痛 舌咽神経痛
  • 浜松医科大学附属病院脳神経外科
  • 子安脳神経科 クリニック
  • 府中恵仁会病院
  • 森の木脳神経脊髄外科
  • 診察をご希望の患者様へ
  • 日誌

学会発表・論文等

2010年~学会発表

2010年
・鮫島哲朗: 「脳卒中を考える会」特別講演 1月22日 2010年 岡山
・鮫島哲朗、他: 3Tesla MRIによる後頭下筋群の描出と限界及びその臨床応用について 第33回日本脳神経CI学会総会 2月11日 2010年 東京
・鮫島哲朗、他: 頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチと髄液漏防止の工夫 第20回日本間脳下垂体腫瘍学会 2月21日 2010年 兵庫
・鮫島哲朗、他: 頭蓋底手術におけるGelformとFibrin glueを用いた髄液漏防止の工夫 第19回脳神経外科手術と機器学会 CNTT 3月19~20日 2010年 東京
・鮫島哲朗、他: Intracranial nodular reactive lymphoid tissue mimicking convexity meningioma Case report 第28回日本脳腫瘍病理学会 5月22日 2010年 大阪
・鮫島哲朗: 髄膜腫の手術症例 第4回脳神経外科手術夜話 5月28日 2010年 東京
・鮫島哲朗: 痛恨の一例 第1回南十字星脳神経外科手術研究会 6月28日 2010年 沖縄県宮古島
・鮫島哲朗、他: 聴神経腫瘍における顔面神経の走行パターンについて 第22回日本頭蓋底外科学会 7月15日 2010年 久留米
・鮫島哲朗: 聴神経腫瘍に対するRetrosigmoid vs Middle fossa approach 及び顔面神経の走行パターンについて 第10回FEN Video Conference 7月24日 2010年 網走
・鮫島哲朗: Far lateral approach 第16回杏林大学 多摩微小解剖セミナー 8月1日 2010年 東京 講師
・鮫島哲朗: 浜松医科大学脳神経外科Cadaver dissectionコース 9月3~5日 2010年 浜松 講師
・鮫島哲朗、他: Critical assessment of operative approached for hearing preservation in small acoustic neuroma surgery –Retrosigmoid Vs Middle fossa approach- 第5回新三水会 9月15日 2010年 東京
・鮫島哲朗、他: 頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチとPitfall 視力障害をきたした症例を中心に 第15回日本脳腫瘍の外科学会 10月2日 2010年 大阪市
・鮫島哲朗、他: 聴神経腫瘍における顔面神経の走行パターン356症例の検討 第69回日本脳神経外科学会総会 10月27日 2010年 福岡
・鮫島哲朗、他: 脳静脈潅流障害の予防 第61回関東脳神経外科懇話会 11月6日 2010年 東京 
 
2011年
・Sameshima T, et al: Study of patterns of the facial nerve running in 356 cases of acoustic neuroma surgery. The 4th international neurosurgical winter congress, February 10, 2011, Hokkaido.
・鮫島哲朗、他: 術中小型MRIシステムVesaliusの開発と間脳下垂体腫瘍への応用 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会 3月12日 2011年 東京
・鮫島哲朗、他: ちょっとした工夫・裏技テクニック 第20回脳神経外科手術と機器学会(CNTT) 4月8日 2011年 徳島
・Sameshima T: Indicazioni all’approccio fronto-orbito-zigomatico. Workshop chirurgico Chirurgia del basicranio: approcci e ricostruzioni. April 28-30, 2011, Torino, Italy. 講師
・鮫島哲朗、他: 第20回日本聴神経腫瘍研究会 6月4日 2011年 東京
・鮫島哲朗、他: 頚静脈孔近傍腫瘍に対するアプローチの工夫とVariation 第23回日本頭蓋底外科学会 6月16日 2011年 大阪
・鮫島哲朗:遅発性に視力障害をきたした頭蓋咽頭腫の一手術例 第62回関東脳神経外科懇話会 7月2日 2011年 東京
・鮫島哲朗:後頭蓋窩開頭における微小解剖 第11回FEN video conference 第3回南十字星脳神経外科手術研究会 合同カンファレンス 7月23日 2011年 網走
・鮫島哲朗:Far lateral approach 第17回杏林大学脳神経外科 多摩微小解剖セミナー 8月6日 2011年 東京 講師
・鮫島哲朗、他: 頚静脈孔神経鞘腫に対するアプローチの工夫 第16回日本脳腫瘍の外科学会 シンポジウム 9月10日 2011年 横浜
・鮫島哲朗: Anterior/Posterior Transpetrosal Approach 側頭骨の解剖生理と腫瘍病変 第16回日本脳腫瘍の外科学会 教育セミナー 講師 9月11日 2011年 横浜
・鮫島哲朗: 浜松医科大学脳神経外科Cadaver dissectionコース 9月23-24日 2011年 浜松 講師
・鮫島哲朗、他: 頚静脈孔神経鞘腫に対する外科的治療戦略と成績 第70回日本脳神経外科学会総会 10月14日 2011年 横浜
・Sameshima T: Evaluation of variation in the course of the facial nerve, nerve adhesion to tumors, and postoperative facial palsy in acoustic neuroma: A retrospective study of 356 cases. 2nd Asia Pacific-Singapore Otology Neurotology & Skull Base Congress. October 21, 2011, Singapore ベストプレゼンテーション賞
・鮫島哲朗:Anterior petrosal approachの基本と三叉神経鞘腫の摘出術 頭蓋咽頭腫の手術 第4回東海若手脳腫瘍研究会 講師 11月13日 2011年 名古屋
・鮫島哲朗:Anterior transpetrosal approachを用いた三叉神経鞘腫及び髄膜腫の摘出症例 第7回脳神経外科手術ビデオセミナー 12月6日 2011年 川崎 
 
2012年
・鮫島哲朗、他:術中小型MRIシステム Vesalius の開発と間脳下垂体腫瘍への応用 第22回日本間脳下垂体腫瘍学会 2月24日 2012年 東京
・鮫島哲朗、他:錐体骨髄膜腫における脳幹との癒着について3T-MRI balanced Fast-Field Echo法 (b-FFE) による検討 日本脳神経CI学会総会 3月2日 2012年 横浜
・鮫島哲朗:Anterior transpetrosal approach による髄膜腫と三叉神経鞘腫の摘出術 第二回脳神経外科道 3月10日 神戸
・鮫島哲朗:術中小型MRI システムVesalius の開発と間脳下垂体腫瘍への応用 第8回脳神経外科手術ビデオセミナー 3月13日 2012年 川崎
・鮫島哲朗、他:Retrosigmoid approach にて極力脳ベラを使用しない工夫 第21回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) 3月31日 2012年 大阪
・鮫島哲朗、他:頭蓋底外科手術におけるドリリングの基本とコツ 第21回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) 3月31日 2012年 大阪
・鮫島哲朗:Dolenc approach 若手のための微小脳神経外科解剖セミナー 2012 4月14日 2012年 東京 講師
・Tetsuro Sameshima: Anterior transpetrosal approach for trigeminal neurinomas and meningiomas. Department of Neurosurgery, University of Torino, Italy, May 14, 2012. Lecture
・Tetsuro Sameshima et al: Preoperative evaluation of adhesion using 3T MRI balanced fast field echo in petrous meningiomas for surgical strategy. 6th international congress of the world federation of skull base societies and 10th eurppean skull base society congress, Brighton UK, 16-19 May, 2012
・鮫島哲朗、他:錐体骨髄膜腫における脳幹との癒着について3T-MRI balanced Fast-field echo 法 (bFFE) による検討 日本頭蓋底外科学会 7月12日 2012年 東京
・鮫島哲朗:ELITE approach. 第18回杏林大学脳神経外科 多摩微小解剖セミナー 7月27日 2012年 東京 講師
・鮫島哲朗、他:錐体骨髄膜腫における脳幹との癒着についての術前予測と術中所見 第17回日本脳腫瘍の外科学会 9月8日 2012年 横浜
・Tetsuro Sameshima: Vi Corso avanzato di chirurgia del basicranio: italian skull base dissection course. September 21-23, 2012 Lake Como, Italy. 講師
・鮫島哲朗、他:錐体骨髄膜腫における脳幹との癒着についての3T MRI bFFE 法を用いた術前画像評価と術中所見及び術後合併症について 日本脳神経外科総会 10月19日 2012年 大阪 
 
2013年
・鮫島哲朗、他:頭蓋咽頭腫の手術経験ーうまくいった症例、うまくいかなかった症例 第12回脳神経外科手術ビデオセミナー 3月12日 2013年 川崎
・鮫島哲朗、他:術中小型MRI システムVesalius の開発と下垂体腫瘍への応用(第2報) 第23回日本間脳下垂体腫瘍学会 3月15日 2013年 鹿児島
・鮫島哲朗、他:錐体骨髄膜腫における脳幹との癒着についての術前画像評価と術中所見及び術後合併症について 第22回脳神経外科手術手技と機器学会(CNTT) 2013.4.12 松本 シンポジウム
・鮫島哲朗、他:脳室ドレナージ操作により術後テント上硬膜外血腫を合併した巨大聴神経腫瘍の一手術例 第22回日本聴神経腫瘍研究会 2013.6.8 東京
・鮫島哲朗:頭蓋咽頭腫-うまくいった症例、うまくいかなかった症例 第19回静岡ビデオシンポジウム 2013.6.22 静岡
・鮫島哲朗:Anterior transpetrosal approachの基本とコツ インストラクションコース 第25回日本頭蓋底外科学会 2013.6.26 名古屋 シンポジウム
・鮫島哲朗:Optic canal 開放及びDural ring切開後の硬膜閉創テクニック -Fibrin glue とGelformを用いた硬膜内外サンドイッチ法- 第11回県西部脳卒中外科研究会 2013.7.25 浜松
・鮫島哲朗:Far lateral approach 第19回多摩微小解剖セミナー 2013.8.3 杏林大学、東京 講師
・Sameshima T: Preoperative evaluation of adhesion to the brain stem surface using 3T MRI fast field echo (BFFE) in petrous meningiomas for surgical strategy and complication avoidance. WFNS 2013, 2013.9.11 Seoul
・鮫島哲朗:頭蓋咽頭腫に対するアプローチの工夫-視機能障害を予防する為のOptico-carotid spaceの展開 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.17 横浜 
 
海外招待講演 (2013)
・Sameshima T, Fundamentals of Operative Techniques in Skull Base Surgery. Skull Base Workshop in Semarang. 2013.1.27-29, Diponegoro University, Semarang, Indonesia
・Sameshima T, Craniopharyngioma surgery and cavernous sinus triangles, Prasat neurosurgery group neuroendoscopic and Microscopic workshop 2013, Surgical training center, Department of neurosurgery, Chulalongkorn University, 2013.8.26 Bangkok, Thailand
・Sameshima T, Acoustic neuroma surgery and cavernous sinus triangles, Prasat neurosurgery group neuroendoscopic and Microscopic workshop 2013, Surgical training center, Department of neurosurgery, Chulalongkorn University, 2013.8.28 Bangkok, Thailand
・Sameshima T, Anterior transpetrosal approach, Prasat neurosurgery group neuroendoscopic and Microscopic workshop 2013, Surgical training center, Department of neurosurgery, Chulalongkorn University, 2013.8.29 Bangkok, Thailand
・Sameshima T, Posterior transpetrosal approach, Prasat neurosurgery group neuroendoscopic and Microscopic workshop 2013, Surgical training center, Department of neurosurgery, Chulalongkorn University, 2013.8.29 Bangkok, Thailand
・Sameshima T, approccio transpetroso anteriore nella chirurgia del basicranio. VII Corso avanzato di chirurgia del basicranio: Italian skull base dissecyion course “Around the carotid”, 2013.9.20-22, Como, Italy
・Sameshima T, Craniopharyngioma surgery. The 2nd Jinling International Neurosurgery Summit, 2013.11.9 Nangjing, China
・Sameshima T, Acoustic neuroma surgery. The 2nd Jinling International Neurosurgery Summit, 2013.11.9 Nangjing, China
・Sameshima T, Cadaver course-Transpetrosal approach. The 2nd Jinling International Neurosurgery Summit, 2013.11.10 Nangjing, China
・Sameshima T, Cadaver course-Transcondylar approach. The 2nd Jinling International Neurosurgery Summit, 2013.11.10 Nangjing, China 
 
2014年
特別講演・招待講演・seminar講演

・頭蓋底外科手術の基礎と教育 第128回静岡県脳神経外科懇話会、2015年3月28日、静岡
・錐体骨先端部・斜台錐体部髄膜腫治療に対するDecision making、第34回日本脳神経外科コングレス総会、2014年5月18日、大阪
・頭蓋底良性腫瘍に対する合併症回避の工夫と術後満足度について、第2回脳神経外科フロンティアミーティング、熊本
・Posterior transpetrosal approach、第19回愛知頭蓋底脊椎手術ワークショップ、2014年7月18日、愛知
・Far lateral approach、第20回杏林大学脳神経外科教室・多摩微小解剖セミナー、2014年8月2日、東京
・Transcondylar approach およびTransjugular approach の手術解剖、第4回愛媛脳神経微小解剖セミナー、2014年9月27日、愛媛 
 
シンポジウム発表
・Anterior transpetrosal approach の基本とコツ 第23回脳神経外科手術と機器学会(CNTT)、2014年4月18日、福岡
・斜台錐体部腫瘍に対するAnterior transpetrosal approach とRetrosigmoid approach との一期的併用手術 第26回日本頭蓋底外科学会、2014年6月19日、千葉
・頭蓋底良性腫瘍に対する合併症回避の工夫と術後満足度について 第19回日本脳腫瘍の外科学会、2014年9月13日、東京
・巨大な神経鞘腫に対する合併症回避の工夫と術後の満足度について 第73回日本脳神経外科学会学術総会、2014年10月11日、東京 
 
国際学会・会議等における基調講演・招待講演・seminar講演 (2014)
・Dolenc approach. The 3rd Jinling International Neurosurgery Cadavaric Dissection Course, Sep. 20-21, 2014, Nanjing, China
・Combined transpetrosal approach, Acoustic neuroma surgery. The 4th ACNS Educational Course, Oct. 16-18, 2014, Tyumen, Russia
・Skull base surgery. Prasat neurosurgical institute seminar, Nov. 6-7, 2014, Bangkok, Thailand 
 
2015年
特別講演・招待講演・seminar講演

・頭蓋底外科手術の基礎と教育 第128回静岡県脳神経外科懇話会、2015年3月28日、静岡
・知っておくべき頭蓋底外科手術のコツ 第13回脳神経外科勉強会 (ランチョンセミナー)、2015年4月18日、名古屋
・手術アプローチの基礎 第13回脳神経外科勉強会、2015年4月18日、名古屋
・頭蓋底外科手術のトレーニング てんかん学術講演会、2015年5月13日、知立市(愛知県)
・Lateral suboccipital and trasncondylar aproach、第27回日本頭蓋底外科学会 教育セミナー、2015年7月9日、名古屋
・第3回脳神経外科フロンティアミーティング、2015年7月11日、熊本
・Posterior transpetrosal approach、第20回愛知頭蓋底脊椎手技ワークショップ、2015年7月17日、愛知 
 
シンポジウム発表
・脳神経外科領域におけるSynapse Vincent 「開頭シュミレータ・テンソル解析」を用いた手術シミュレーション、第38回日本脳神経CI学会総会、2015年2月14日、東京 
・「開頭シミュレータ・テンソル解析」及びMagnetic Resonance Elastography による頭蓋内腫瘍の弾性率評価、第27回日本頭蓋底外科学会、2015年7月9日、名古屋 
 
国際学会・会議等における基調講演・招待講演・seminar講演 (2015)
・Skull base approach of aneurysm surgery. CVD Bantane Winter Seminar. Feb. 3, 2015, Nagoya
・Skull base approaches. 6th ACNS Educational Course in collaboration with Walter E. Dandy Neurosurgical Society, Feb. 11, 2015, Chitwan, Nepal
・Hands-on session. 6th ACNS Educational Course in collaboration with Walter E. Dandy Neurosurgical Society, Feb. 10-12, 2015, Chitwan, Nepal
・Dolenc Approach to Cavernous sinus. 7th ACNS Education & Advances cadaver course, May 16, 2015, Coventry, UK
・Acoustic neuroma surgery. 7th ACNS Eduaction & Advanced cadaver course, May 17, 2015, Coventry, UK
・Transcondylar and jugular foramen approach. 7th ACNS Eduaction & Advanced cadaver course, May 18, 2015, Coventry, UK
・PNI-KKU Skull Base Workshop 2015, August 25-30, 2015, Bangkok, Thailand

コメントは受け付けていません。 トラックバック (0)
学位論文、2006年~主要論文、著書、テキストブック他

学位論文
1. Glioma cell extracellular matrix metalloproteinase inducer (EMMPRIN) (CD147) stimulates production of membrane-type matrix metalloproteinases and activated gelatinase A in co-cultures with brain-derived fibroblasts.
Tetsuro Sameshima, Kazuki Nabeshima, Bryan P. Toole, Kiyotaka Yokogami, Yasunori Okada, Tomokazu Goya, Masashi Koono, Shinichiro Wakisaka. Cancer Letters 157: 177-184, 2000. 
 
2. Expression of EMMPRIN (CD147), a cell surface inducer of matrix metalloproteinases, in normal human brain and gliomas.
Tetsuro Sameshima, Kazuki Nabeshima, Bryan P. Tool, Kiyotaka Yokogami, Yasunori Okada, Tomokazu Goya, Masashi Koono, Shinichiro Wakisaka. Int J Cancer 88: 21-27, 2000. 
 
3. Correlation of emmprin expression in vascular endothelial cells with blood-brain-barrier function: a study using magnetic resonance imaging enhanced by Gd-DTPA and immunohistochemistry in brain tumors.
Sameshima T, Nabeshima K, Toole BP, Inoue T, Yokogami K, Nakano S, Ohi T, Wakisaka S. Virchows Arch 442(6):577-584, 2003 
 
英語論文 2006~
Microsurgical management of cerebellopontine angle epidermoid tumors: Operative technique and results in 152 cases: 849. Peter M. Grossi, Tetsuro Sameshima, John H. Sampson, Allan H. Friedman, Takanori Fukushima. Neurosurgery 57: 411-412, 2005. 
 
Jugular tubercle: Morphometric analysis and surgical significance. Apostolos Mintelis, Tetsuro Sameshima, Ketan R Bulsara, Linda Gray, Allan H Friedman, Takanori Fukushima. J Neurosurg 105(5): 753-757, 2006. 
 
The Combined Transmastoid Retro- and Infralabyrinthine Transjugular Transcondylar Transtubecular High Cervical Approach for Resection of Glomus Jugular Tumors. James K Liu, Tetsuro Sameshima, Oren N Gottfried, William T Couldwell, Takanori Fukushima.Neurosurgery 59(Suppl 1): 115-125, 2006. 
 
Increasing exposure of the petrous internal carotid artery for revascularization using the transzygomatic extended middle fossa approach: a cadaveric morphometric study. James K Liu, Takanori Fukushima, Tetsuro Sameshima, Ossama Al-Mefty, William T Couldwell. Neurosurgery 59(4): 309-318, 2006. 
 
Extradural middle fossa approach. Proposal of a learning method: the “rule of two fans.” Technical note” Luciano Mastronardi, Tetsuro Sameshima, Alessandro Ducati, Luc F De Waele, Luigi Ferrante, Takanori Fukushima. Skull Base 16(3): 181-184, 2006. 
 
Microsurgical management of 53 jugular foramen schwannomas: lessons learned incorporated into a modified grading system. Ketan R Bulsara, Tetsuro Sameshima, Allan H Friedman, Takanori Fukushima. J Neurosurg 109(5): 794-803, 2008. 
 
The combined petrosal approach. Anatomical principles, surgical technique and indications. Roche PH, Fournier HD, Sameshima T, Fukushima T. Neurochirurgie (French) 54(1): 1-10, 2008. 
 
Surgical anatomy of the jugular foramen. Roche PH, Mercier P, Sameshima T, Fournier HD. Adv Tech Stand Neurosurg 33: 233-263, 2008. 
 
Critical Assessment of Operative Approaches for Hearing Preservation in Small Acoustic Neuroma Surgery: Retrosigmoid versus Middle Fossa Approach. Tetsuro Sameshima, Takanori Fukushima, John T McElveen, Allan H Friedman. Neurosurgery 67(3): 640-645, 2010. 
 
Surgical removal of chondroma of the petrous apex resulting in hearing improvement–case report. Tetsuro Sameshima, Rokuya Tanikawa, Toshihide Sugimura, Naoto Izumi, Toshitaka Seki, Takahiro Maeda, Toshiyuki Tsuboi, Masaaki Hashimoto, Tomofumi Osawa, Teruo Kimura, Kazuki Nabeshima. Neurologia medico-chirurgica (Tokyo) 50(2): 147-149, 2010. 
 
Choroid plexus papilloma originating in the sellar turcica. Tetsuro Sameshima, Rokuya Tanikawa, Toshihide Sugimura, Naoto Izumi, Toshitaka Seki, Takahiro Maeda, Toshiyuki Tsuboi, Masaaki Hashimoto, Teruo Kimura, Kazuki Nabeshima. Neurologica medico-chirurgica (Tokyo) 50(2):144-146, 2010. 
 
Unruptured intracranial aneurysms: current perspectives on the origin and natural course, and quest for standards in the management strategy. Akio Morita, Toshikazu Kimura, Masaaki Shojima, Tetsuro Sameshima, Tetsuhiro Nishihara. Neurologia medico-chirurgica 50(9):777-87, 2010. 
 
Craniopharyngioma: Surgical approaches and pitfalls –Strategies for prevention of postoperative visual disturbance- Tetsuro Sameshima, Rokuya Tanikawa, Akio Morita. Brain tumor surgery 15: 186-192, 2011. 
 
Synthetic emmprin peptides inhibit tumor cell-fibroblast interaction-stimulated upregulation of MMP-2 and tumor cell invasion. Kaori Koga, Mikiko Aoki, Tetsuro Sameshima, Makoto Hamasaki, Nagayasu Egawa, Motoharu Seiki, Bryan P Toole, Junji Suzumiya, Kazuki Nabeshima. Int J Oncol 39(3): 657-664, 2011. 
 
Reinforcement of pericranium as a dural substitute by fibrin sealant. Hirotaka Ito, Toshikazu Kimura, Tetsuro Sameshima, Hitoshi Aiyama, Kengo Nishimura, Chikayuki Ochiai, Akio Morita. Acta Neurochir (Wien) 153(11): 2251-2254, 2011. 
 
Synthetic emmprin peptides with chitobiose substitution stimulate MMP-2 production by fibroblasts. Takehito Kawakami, Tetsuro Sameshima, Hironobu Hojo, Kaori Koga, Yoshiaki Nakahara, Bryan P Toole, Junji Suzumiya, Yasunori Okada, Akinori Iwasaki, Kazuki Nabeshima. BMC Cancer 17(11): 300, 2011. 
 
Trigeminal neuralgia caused by a fibrous ring around the nerve. Kimura T, Sameshima T, Morita A. J Neurosurg 116(4): 741-742, 2012. 
 
Ipsilateral sensorimotor deficits in lateral medullary infarction: a case report. Tetsuro Sameshima, Akio Morita, Yumiko Yamaoka, Yasumitsu Ichikawa. J Stroke Cerebrovasc Dis 12: 374-376, 2012 . 
 
Isolated intracranial Rosai-Dorfman disease mimicking convexity meningioma -A Case Report- Tetsuro Sameshima, Rokuya Tanikawa, Toshiyuki Tsuboi, Ryuhei Kitai. J Clin Exp Pathol 2(5): 118, 2012. 
 
A novel method for transcranial Doppler microembolic signal monitoring at the vertebrobasilar junction in vertebral artery dissection patients. Yamaoka Y, Ichikawa Y, Kimura T, Sameshima T, Ochiai C, Morita A. J Neuroimaging (Epub ahead of print) 2012. 
 
Atlantoaxial Intraspinal Juxtafacet Cyst. Tetsuro Sameshima, Keita Shibahashi, Toshiki Nozaki, Atsuya Akabane, Atsushi Kihara, Hajime Horiuchi, Akio Morita. Neurol med Chir (Tokyo) 53(2): 125-128, 2013. 
 
Evaluation of variation in the course of the facial nerve, nerve adhesion to tumors, and postoperative facial palsy in acoustic neuroma. Tetsuro Sameshima, Akio Morita, Rokuya Tanikawa, Takanori Fukushima, Allan H. Friedman, Francesco Zenga, Alessandro Ducati, Luciano Mastronardi. J Neurol Surg B 74: 39-43, 2013. 
 
Development of a New Compact Intraoperative Magnetic Resonance Imaging System: Concept and Initial Experience.
Akio Morita, Tetsuro Sameshima, Shigeo Sora, Toshikazu Kimura, Kengo Nishimura, Hirotaka Itoh, Keita Shibahashi, Naoyuki Shono, Toru Machida, Naoko Hara, Nozomi Mikami, Yasushi Harihara, Ryoichi Kawate, Chikayuki Ochiai, Welmin Wang, Toshiki Ooguro. Operative Neurosurgery 10(2): 220-230, 2014. 
 
Surgical treatment for Craniopharyngiomas: Strategy for prevention of postoperative visual disturbance
Tetsuro Sameshima. Folia Endocrinologica Japonica (Jpn) 90: Suppl. Pp55-58, Sep 2014. 
 
Usefulness of intraoperative monitoring of visual evoked potentials in transsphenoidal surgery.
Yoshinobu Kamio, Naoto Sakai, Tetsuro Sameshima, Goro Takahashi, Shinichiro Koizumi, Kenji Sugiyama, Hiroki Namba. Neurol Med Chir (Tokyo) 54(8): 606-611, 2014. 
 
Pseudo-continuous arterial spin labeling reflects vascular density and differentiates angiomatous meningiomas from non-angiomatous meningiomas
Shinichiro Koizumi, Naoto Sakai, Hiroshi Kawaji, Yasuo Takehara, Shuhei Yamashita, Harumi Sakahara, Satoshi, Baba, Hisaya Hiramatsu, Tetsuro Sameshima, Horiki Namba. J Neurooncol 121: 549-556, 2015. 
 
Evaluation of the Antiangiogenic Effects of Octreotide on Growth Hormone-producing Pituitary Adenoma using Arterial Spin-labeling Perfusion Imaging
Naoto Sakai, Shuhei Yamashita, Yasuo Takehara, Harumi Sakahara, Satoshi Baba, Yutaka Oki, Goro Takahashi, Shinichiro Koizumi, Tetsuro Sameshima, Hiroki Namba. Magn Reson Med Sci. 14(1): 73-76, 2015. 
 
Skull base. Part 1: Transmastoid Surgery, Part II: Middle Fossa Dissection, Tetsuro Sameshima. Iype Cherian (ed), ACNS Surgical Manual (Asian Congress of Neurological Surgeons), Quill Design, Kathmandu, Nepal, pp73-110, 2015. 
 
邦文
・片側小脳半球形成不全の2症例報告 Unilateral Cerebellar Hypoplasia: A Report of Two Cases. 
鮫島哲朗、宮原郷士、脇坂信一郎、徳田 元:CI 研究18(3): 263-266, 1996. 
・家族性高リポプロテイン(a)血症を伴った若年性脳梗塞の1例 Juvenile Cerebral Infarction with Familial Hyperlipoproteinemia (a).
鮫島哲朗、森田能弘、田口利文、上田正人:Brain Nerve 49(5): 465-468, 1997. 
・鼻咽頭内に増大した細胞性青色母斑のtransfacial approachによる1手術例 Transfacial Approach for Cellular Blue Nevus Extended to Nasopharynx.
鮫島哲朗、宮原郷士、呉屋朝和、脇坂信一郎、長友 理、有馬良治、芝 良祐、鍋島一樹:脳神経外科ジャーナル 7(1): 42-45, 1998. 
・頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチと髄液漏防止の工夫 Surgical management and prevention of the CSF leakage in craniopharyngioma surgery.
鮫島哲朗、谷川緑野、森田明夫: 日本内分泌学会雑誌 86(Suppl): 81-82, 2010. 
・視機能予後に基づいた頭蓋咽頭腫の手術―術後視力視野障害をきたした症例から学ぶもの Surgical teratment for Craniopharyngiomas: Strategy for prevention of postoperative visual disturbance.
鮫島哲朗、日本内分泌学会雑誌 Vol. 90 Suppl. pp55-58、2014
・Anteruor transpetrosal approach の基本と合併症回避の工夫 手術のコツとピットフォール 一流術者のココが知りたい 
鮫島哲朗、脳神経外科速報 5月号 メディカ出版 pp476-481, 2015
・錐体骨先端部・斜台錐体部髄膜腫治療に対する Decision making Treatement decision-making for petrous apex and petroclival meningiomas 
鮫島哲朗、脳神経外科ジャーナル 特集論文 第24巻8号 2015
 
 
著書及び分担執筆 
 
英文
・Tetsuro Sameshima, Takanori Fukushima: Skull base dissection manual: Second edition. Associated Editor, Fukushima T (ed). AF-Neurovideo, NC, 2004.
・Tetsuro Sameshima: Microanatomy and Dissection of the Temporal bone. Editor. AF-Neurovideo, NC, USA. 2004.
・Takanori Fukushima, Tetsuro Sameshima, Koji Takasaki, Masayuki Atsuchi: Radical total resection of a giant petroclival meningioma. Neurosurgery of complex vascular lesions and tumors. Kobayashi (ed), Thieme, NY, pp229-233, 2005.
・Tetsuro Sameshima: Microanatomy and Dissection of the Temporal bone: Second Edition. Editor. AF-Neurovideo, NC, 2007.
・Yoichi Nonaka, Tetsuro Sameshima, Takanori Fukushima: Skull base dissection manual: Third edition. Associated Editor. AF-Neurovideo, NC, 2010. 
 
邦文
・鮫島哲朗:頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチの選択 78症例の検討、脳腫瘍の外科、メディアカ出版、pp152-159, 2007
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第14回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp97-116, 2008. 
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第15回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp97-116, 2009. 
・鮫島哲朗、森田明夫:開頭腫瘍摘出術~聴神経腫瘍の場合~:イラストで見る見るわかる手術. 小西敏郎(編) オペナーシング、メディカ出版、25(12): pp14-15, 2010.
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第16回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp97-116, 2010. 
・鮫島哲朗、他:頭蓋咽頭腫に対するSurgical approaches と Pitfalls -術後の視力視野障害を回避するために- 大畑健治(編) 脳腫瘍の外科 第15巻 pp186-192, 2010.
・鮫島哲朗:海綿静脈洞の基本解剖:“Triangles” : 傍鞍部病変の手術 ここの病変こそ、解剖が手術の生命線. 塩川芳昭(編) NS NOW 15、メジカルビュー社、pp14-19, 2011.
・鮫島哲朗:Anterior/Posterior transpetrosal approach 側頭骨の解剖・生理と腫瘍病変 第16回日本脳腫瘍の外科学会 教育セミナーテキスト(藤井清孝編)、北里大学脳神経外科出版、pp55-66, 2011.
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第17回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp103-122, 2011. 
・森田明夫、鮫島哲朗:経鼻的下垂体手術:カラーフォトでまるわかり最新手術. 小西敏郎(編)オペナーシング、メディカ出版、27(6): pp4-9, 2012.
・鮫島哲朗:脳底動脈本幹動脈瘤 transpetrosal approach : ワンステップ上をめざした脳動脈瘤手術 この技術を身につけたい. 塩川芳昭(編) NS NOW 20、メジカルビュー社、pp161-173, 2012.
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第18回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp102-121, 2012. 
・鮫島哲朗、森田明夫、宮崎由紀:小脳の位置と役割:脳の解剖生理と神経症状 ビジュアル図鑑. 宝金清博(編)ブレインナーシング、メディカ出版、29(4): pp15-16, 2013.
・鮫島哲朗:ELITE Approach. The Extreme Lateral Infrajugular Transcondylar Transtubercular Exposure. 第19回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp87-106, 2013. 
・鮫島哲朗:開頭術のドリリング-ドリルの種類、選択、持ち方-.飯原弘二、橋本信夫(編)脳神経外科の基本手技2 脳神経外科プラクティス、文光堂、2014
・鮫島哲朗:Far lateral approach. 第20回多摩微小外科解剖セミナーテキストブック、杏林大学脳神経外科教室出版pp87-106, 2013. 
・鮫島哲朗:Posterior transpetrosal approach. 第19回愛知頭蓋底脊椎手技ワークショップテキストブック、愛知医科大学脳神経外科教室出版、2014
・鮫島哲朗:入門 頭蓋底外科 側頭骨アプローチのための解剖と手術の実際 メジカルビュー社、2014

コメントは受け付けていません。 トラックバック (0)

ページの先頭に戻る

ブログ

カテゴリ

最新記事一覧

以前の記事